>

ネットに写真を載せる場合

個人が特定される写真はダメ

自分の顔が映っている写真は、個人が特定されやすいです。
SNSを見た知らない人が。自分を特定してストーカーするかもしれません。
そのうち自分に危害が加えられるかもしれないので、大変危険です。
顔写真は、なるべくSNSに載せないように心がけてください。
自宅の写真を載せると、住所を簡単に特定できます。
それから今ショッピングには行っているとういう情報を流すと、自宅が留守だとみんなに教えてしまいます。

すると、空き巣の被害に遭うかもしれません。
自宅の写真、周辺の風景写真などは載せない方が良いでしょう。
ネチケットを守りながら、SNSを使ってください。
少しでも自宅が特定できる材料が写り込んでいたら危険です。
載せる前に、よく確認しましょう。

友人の写真を載せないこと

無許可で友人の写真をSNSに載せることは、絶対にしないでください。
友人を、大きな事件に巻き込んでしまう可能性があります。
しかし、友人と一緒に撮った写真などを載せたい時があるでしょう。
どうしても載せたいのであれば、友人から許可を得てください。
それなら大丈夫です。
自分の写真を載せる時と同じように、個人情報は書かないよう気をつけてください。

事件に巻き込まれないため、身体の1部分だけ写真に撮るなど工夫してください。
手だけの写真なら、故人を特定されにくいです。
楽しくSNSを使っていくため、ネチケットは守らないといけません。
写真が原因で、友情に亀裂が入ってしまうこともあります。
そうならないよう、ネチケットを確認してください。


この記事をシェアする