>

ネチケットの内容を具体的に知ろう

顔が見えないからと油断しない

ネットは、自分の個人情報を隠して情報を発信することができます。
ですからSNSなどで、軽率に誰かの悪口を書いてしまう人が見られます。
しかし悪口を書かれた側は、とても傷つきます。
また自分には関係ない悪口でも、見かけると嫌な気分になります。
そんなことは絶対に書かないでください。
SNSなどでは、書き込んだ人が誰なのか特定することができます。

その時に自分の個人情報を周囲に知られると、今度は自分の悪口を書かれるかもしれません。
トラブルがどんどん大きくなるので、最初からトラブルになりそうな行動はしないでください。
ネチケットを守れば、ネット上でトラブルに巻き込まれることはないでしょう。
楽しくネットを使えると思います。

業務妨害になってしまう

人だけではありません。
企業の悪口を言うことも、いけない行為です。
例えば、とある企業が販売している食品がおいしくない、異物が混入していたなどと書き込むと、企業の人気が落ちてしまいます。
嘘の情報をネットに書き込んだことが原因で起業の人気が低下すると、書き込んだ人を営業妨害で訴えることがあります。
軽い気持ちで悪口を書き込んでも、言い訳になりません。

営業妨害で捕まると、警察に捕まったり賠償金を支払うことになります。
些細な書き込みでも、警察に捕まると前科者になってしまいます。
それでは、今度の人生に大きな悪影響を与えます。
ネチケットを守らないと、人生を台無しにするかもしれません。
そのことを覚えて、ネットを使いましょう。


この記事をシェアする