当たり前のマナーを確認する

ネット上でのマナーのことを、ネチケットと呼んでいます。
頻繁にネットを使う人は、必ず知ってください。
また、ビジネスの際にネチケットを使う場合があります
ネチケットを知らないと、常識を持っていないと相手から認識されます。
ネット上で誰かの悪口を言わないということは、当たり前ですがネチケットに含まれます。
また人だけではなく、企業やお店の悪口を言うこともいけません。
誰にも危害を加えない内容のことを、ネット上に書きましょう。

顔写真を、軽率に載せないこともネチケットです。
ネット上に顔をさらすと、故人を特定されてしまう可能性があります。
特に友人の顔が映っている写真を、ネットに載せる際は気をつけなければいけません。
顔写真を見て個人を特定して、友人に危害が加えられるかもしれません。
ネチケットを守っていれば、そのような被害に遭うことはないので安心してください。

パソコンを使って仕事をしている人がいると思います。
その場合は、ビジネスに関するネチケットもしっておきましょう。
深夜にメールを送らない、会社の情報を不用意にSNSなどに記載しないなどのネチケットがあります。
ネチケットを守らないと勤めている会社や、取引先の会社に迷惑を掛けます。
責任を取らなければいけない事態にまで、発展するかもしれません。
どんなネチケットがあるのか知らない人は、仕事を始める前に調べておくと良いですね。
自分はしっかり常識を持っていると、アピールしましょう。

ネチケットの内容を具体的に知ろう

人の悪口を言わないことは、絶対に守らなければいけないルールです。 ネット上でも、言わないことがネチケットです。 顔が見えないので、気が大きくなって悪口を書いてしまう人がいますが、絶対にしないでください。 企業の悪口を言うと、業務妨害の罪になることもあります。

ネットに写真を載せる場合

SNSをやっている人は、自分が撮影した写真を載せたいと思うでしょう。 しかし本当に載せて良い写真なのか、考えてからSNSに掲載してください。 個人が特定されるような写真は、載せないのがネチケットです。 守らないと、犯罪に巻き込まれる可能性があります。

ビジネスに関するマナーがある

プライベートだけでなく、ビジネスでもネチケットを守らなければいけません。 ネチケットを知らないと、会社で非常識な人だと思われます。 自分の評価が下がって、キャリアアップしにくくなるかもしれません。 会社や取引先の相手に、迷惑をかけないようにしましょう。